FC2ブログ

Welcome to my blog

Crafty Cherry

card-making and papercraft

 あえなく却下された喪中はがき

今日のもくもく木曜日では
喪中はがきについて語りました
ヨシコさんです。

こんばんわ。

旦那殿用の喪中はがきサンプルを
作ったのですが
「白黒にして」
とあっさり言われ
スタンプを施すことにも抵抗があるように感じたので
「では既存のデザインからとってきて印刷します。」
という撃沈の結末。

そのサンプルがこちら↓
20191114_mochu.jpg

個人的には白黒よりも少し色が
かかっていた方が
温かみがあっていいのではないかと
思っているし、
最近では故人の生前のエピソードなどを加えた
素敵なはがきをいただくこともあり
とてもいいなぁと思っています。

事務的に喪中はがきを送るよりも
故人のことを想いながら
スタンプしたり
お世話になった方に
ご挨拶を送ることは
決して変なことではないと
私は思っているのですが、
まぁ、喪中はがきを出すのは旦那殿なので
したいようにやっていただくのが一番でございます。

こういうことになると
旦那殿はかなり保守的になる
ということを失念しておりました。
(保守的なわりには
「おせち注文してみようよ」とかって
言っております。)

私はというと
そもそも最近はほとんど年賀状を送っていないので
送っていない相手にいきなり喪中だけ送るのも
どうかと思うのと、
人から年賀状は届いてもよいと思っているので
喪中は送らず、寒中見舞いくらいは送ろうかなと
思っています。

なので、旦那殿と義理の母の分の
喪中はがきを代行して作ってあげている
という状態なのですが
いろいろと考えたことが若干無駄だったなと
がっかりしております。
いや、私が勝手によかれと思ってしたことなので
だれも責められません。はい。

喪中はがきを自作するうえで
いろいろなしきたりなどの有無を
調べたのですが、その中で
喪中の人に年賀状を贈ってしまったからといって
それは決して失礼にあたることではない
ということが至るところに書かれていたので
私自身は安心して喪中はがきを送らずにいようと思います。

あまり愚痴のような記事は
書かない主義なのですが
ちょっと愚痴っぽくなってしまい申し訳ない。
気持ちを切り替えてまた
(作るものが山積みなので)
制作に打ち込みます!

あ、それで肝心の解説動画です。
喪中の人を考慮したクリスマスのセンチメントについても
少しお話しています。




手作りカードくらす、1月の予約もぽつりぽつり入り始めました。
まだ何やるかも決めていないのにありがとうございます。


ブログランキングの投票ボタンです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ 
他のクラフターさんのブログ一覧もご覧になれます。


全国のカード作家さんよりお寄せいただいた
カードをミンネで販売いたします。
Logo_L.png
↑バナーをクリック。




デモンストレーター
になってみたいなとか

なんだいそれ?

詳しく聞いてみたい

という方は

お気軽にお声かけください。



バナー_くらす日程


201902_節約クラフター応援企画



カードづくりの方法などの動画配信をしています。
デモンストレーターの方も大歓迎です。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment

Recent Posts / 最新記事

Categories / カテゴリ

Search / 検索

Recent Comments / 最新コメント