Welcome to my blog

Crafty Cherry

card-making and papercraft

 Cards * アメリカ国旗

教会の方で、
カードづくりが大好きだった70代のおばあちゃんが
先月癌で亡くなり、
この方が持っていたスタンピンアップグッズが教会に寄付され
あまりにも大量(段ボール10箱くらい)だったので
私もその一部をおこぼれでいただけることになりました。
その一つがデザイナーズシリーズペーパー(DSP)でした。
そしてその方が使いかけたままペラ~っとなっていた紙を
なんとなく並べていたら、、こんな感じに。

Crafty Cherry * US flag


シンプルなのだけど、
なんだか私の中では力作???!!!というのか
時間や手間をかけて一生懸命作ったカードより
気に入って飾っております。

・DSPというのは両面に異なる柄がついている
パターンペーパーのことで、使う柄の選択肢が広がります。
初めは両面柄付きなど、
なんでそんな無駄に高くつくことをするんだろう、、
なんて思っていたのですが、
紙質もしっかりしていて、とても使いやすいということを今更知りました。

・私がいただいたこのDSPは6×6インチのバッドになっています。
今は売られていないのでだいぶ昔に販売されたものと思われます。

・一応フォームテープで旗の部分を浮かせています。

そのうち同じコンセプトでオシャレな日の丸デザインも
作りたいと思っています。


---- おまけ記事 -----
おまけにしては長文です。

さて、この癌でなくなった方には先にも述べた通り
実際に私はお会いしたことがありませんが、
お葬式に参列してきました。
それは義理とかではなく、心から参列したいと思ったからなのです。

私が教会で参加しているバイブルスタディの中で
この方が亡くなる前の病状や、
生前の話を皆から聞くうちに、
以前から知り合いであるかのように近く感じたのと、
正直な気持ちとしてはアメリカのお葬式 (の一例ですが) が
どんな感じなのか見てみたかったというのもあります。

式は11時からで、礼拝堂で40分くらいの式を終えると、
別の広い部屋で軽食が振舞われ、
残りたい人は残って、そこで家族とお話しをしたり、
故人を忍んだ写真のスライドや音楽が流れ、
13時頃になんとなくお開きになります。(お酒は入りません(^^;))

9時半頃から教会の人々が
料理やお花や会場のセッティングを始めるというので、
私もこれのお手伝いに。

食事は教会のメンバーがサンドイッチやデザートなど
つまめるものを有志で作ってきて、
最終的にはかなり豪華になりました。

服は一応地味目の服を着ますが、
柄物とか色物を着てくる人もいるし、
お花も華やかな色のものが並びます。

うちの教会だけかもしれませんが、
棺などはなく、献花のしきたりもないそうです。
香典のようなものもありません。

式はとても心温まるものでした。
進行表には故人の紹介が書かれていて、
生まれた場所や住んだ場所、仕事、活動、両親や家族のことを知ることができます。
日本だとあらかじめ弔辞を読む人が決まっていますが、
今回の式では会場から希望者が自由に故人との思い出を
シェアする内容を読み上げ、
ほほえましいエピソードに笑いが起こる場も沢山あり。
勿論音楽も温かいセレクション。

知らない人のお葬式で涙が出てくるなんてことは今までなかったけれど、
なんというか、さみしいとかじゃなくて、
英語のtouchingという言葉がしっくりくるのですが、
心が動かされるというか、感じるものがありました。
私の感想を教会の人々に述べると、
皆が決まって言うのは、「お葬式はCelebration of Lifeだからね~」。
つまり生きていて一緒に過ごした時間をお祝いすることでもあり
キリスト教では天国で永遠に過ごすわけなのでそれのお祝いでもあるのです。

義理とか形式で来ている人はいなくて、
心から故人や家族を想う、優しさに満ちた式でした。


+ + + + + + + + + + + + + + + + + + +
ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ









キーワード: 流山おおたかの森、千葉県、流山、TX、つくばエクスプレス、教室、同好会、アメリカ、バージニア州、D.C.、DC、ペーパークラフト、カードづくり、カード作り、手作りカード、手作り、カード、グリーティングカード、スタンプ、ハンドメイド、犬、雑種、保護犬、クリスチャン、キリスト教
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

Az  

No title

私もお葬式に数回参列することがありました。
その時々で棺をそのまま入り口に置いている礼拝も
ありました。正面から見ることがなんとなく恐れ
多かったのを覚えています。

でも日本のお葬式と違って遺族の方が「来てくれて
嬉しい。ありがとう」と色んな方に声をかけてまわって
その人らしいエピソードを話す時間もたっぷりあったように
思います。日本だとお葬式でベラベラ喋ったりしないし
遺族の方にこちらからそっと声をお掛けするかどうか、
くらいのさじ加減なのでところ変われば、でした。

アメリカ国旗、すごく可愛いです。
一番最初にかったパッチワークのフレームがこんな感じで
気に入って居間にかけてました。日本バージョンもぜひ見たいです。

2016/03/25 (Fri) 19:26 | EDIT | REPLY |   

Crafty Cherry * えんどぉよしこ  

Azさんへ

コメントありがとうございます!
(ということはこの長文を読んでくだすったということですね?!!!重ねてありがとうございます。)
日本の場合、お葬式は「故人のため」という感覚が強い気がしますが、今回参列したお葬式では、もちろん故人のためでもあるのだけど、むしろ「遺族や参列した者のため」でもあるなぁ~と感じました。故人の年齢や亡くなり方にもよるかもしれませんけどね。でも自分のお葬式だったらこんなふうにしてもらいたいな、、と思いました(*^^*)
国旗カード、誰でも作れる感がいいでしょ?!むふふ

2016/03/25 (Fri) 19:40 | EDIT | REPLY |   

Add your comment