Welcome to my blog

Crafty Cherry

card-making and papercraft

 Tool * カッティングマット

自分の購入履歴をふまえ、
カードづくりを始める方のためのお買い物案を
シリーズでお送りしています。
最低限のツールで何ができるかご提案しつつ
毎回少しずつツールを加えていきます。

本日は第4回。


現在までのお買い物リスト:
↓過去の解説記事にとびます
白い紙
テープ糊、フォームテープ
カッター/カッティングナイフ

本日新たに加えるツールはこちら:
カッティングマット

上記のツールで作れる作品。
Photo Sakura 2

って昨日と代わり映えしませんが
写真を使ったカード再びです、、。

・写真を切って少し離して配置するだけで
モダンになります。

・右上と左下をフォームテープで浮かせてあります。
でも右上だけでよかったかも、、と反省。

・これは別にやらなくてもよいのですが
カットした断面の白さを少し抑えるため、
紺色のスタンプ用インクで、断面に色をつけています。

写真はこれまた近所で撮った枝垂桜です。
全体で見る写真と、カットして配置したものとでは
雰囲気が違うでしょ?!
Photo Sakura 2
いつものとおりiPhoneで撮って、
instagramで色味を調整しています。
こちらももしお気に召していただけたらご自由にお使いください。
クリックすると大きな画像でご覧いただけます。

💛 さくらの香りをつけちゃうご提案。
【ロクシタン】チェリーブロッサム オードトワレ


↓ちっこい版も売られてるようです
【ロクシタン】チェリーブロッサム オードトワレロールタッチ




+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + +
カッティングマットについて
カードづくりをするうえで
やっぱりカッティングマットは必要です。
これも持ち合わせていなかった頃は
厚紙を敷いたりしてしのいでいましたが、
かなりのストレス。
楽しいことをするのにストレスはよろしくありません(-"-)

しかし、後に紹介するペーパートリマーがあれば
カッターやカッティングマットはあまり必要なかったりします。
なので、人によってはもしかしたらペーパートリマーを購入して
細かいカット作業が必要になったらカッターやカッティングマットを購入するとよいかもです。

カッティングマット
私はカッティングマットをアメリカで購入
 → Recollections™ Self-Healing Cutting Mat
自分が持っているのはレターサイズがちょうど入る大きさです。
(レターサイズ = A4を少し大きくしたもの)

・サイズ
現在不自由しているというわけではないのですが、
もう少し大きめのマットでもよかったな、、とも思っています。
カードストックの中には12×12インチのものがあるので、
それより若干大きめがよいかもしれません。

・目盛り
周りに細かい目盛りがついていて、
さらに格子線もある程度細かいものが使いやすいです。
できればインチとセンチが両方書いてあると嬉しいな~と思います。

・値段
結構値段に差があります。
でもカードづくりをしていると、
結構同じ目盛りらへんでカットをすることが(私の場合)多く、
特定場所だけが劣化していくように感じるため
あまり投資しすぎるのもあれね~~、、、と思っています。

そんな条件の中、帰国したら購入予定のカッティングマット↓
(予告ですみません)


スクラップブッキングはするつもりはないのですが
- サイズが大きくて、
- センチとインチが両方ついている。
- 色も落ち着いていて、
- よくありがちなモスグリーンじゃないし(←あまり好きじゃない)
- 口コミもいい感じの評価。

ただ、結構大きいので、
普通のカバンには入れにくいサイズではあります。
持ち運ぶ場合は、、ですが。

購入したら使用感を追記したいと思います。


+ + + + + + + + + + + + + + + + + + +
ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ






キーワード: 流山おおたかの森、千葉県、流山、TX、つくばエクスプレス、教室、同好会、アメリカ、バージニア州、D.C.、DC、ペーパークラフト、カードづくり、カード作り、手作りカード、手作り、カード、グリーティングカード、スタンプ、ハンドメイド、犬、雑種、保護犬、クリスチャン、キリスト教
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment