Welcome to my blog

Crafty Cherry

card-making and papercraft

 Tool * 黒いインク

[2017.02.20 修正済]

自分の購入履歴をふまえ、
カードづくりを始める方のためのお買い物案を
シリーズでお送りしています。
最低限のツールで何ができるかご提案しつつ
毎回少しずつツールを加えていきます。

本日は第5回。


現在までのお買い物リスト:
↓過去の解説記事にとびます
 白い紙
 テープ糊、フォームテープ
 カッター/カッティングナイフ
 カッティングマット

本日新たに加えるツールはこちら:
 黒いインク

上記のツールで作れる作品。
Crafty Cherry * Leaves

急いで作ったら
ちょっと微妙な仕上がりになってしまいましたが(^^;)

・近くに生えていた雑草を採ってきて
インクをつけてペタっとしました。
そう、、スタンプ自体がなくても
スタンプの代わりになるものって
身の回りにあるかもなのですよ。

・葉っぱの表よりは、裏にインクをつけた方がインクのつきが
良かった感じでした。葉っぱの種類にもよるのかも。

・「葉っぱをインクパッドに付ける」 とちょっと大変ですが
葉っぱを置いて、「インクパッドを葉っぱに付ける」ように
すると楽です。

・私はネイチャー好きなので、あまり植物を引っこ抜くのは
好きではないのですが、
落ち葉とか、捨ててしまう予定の切り花や
野菜の切れ端とかを使ったりしてもいいんですよね。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + 
黒インクについて
カードづくりは色々な形態がありますが
私は 「スタンプ」 に心奪われた人なので
ここからは、購入リストにスタンプ系のツールを加えていきます。

ついにスタンプ!
と言いたいところですが、
スタンプ本体の前にインクパッドが必要です。

スタンプがあっても、インクパッドがなければ何もできないけど
インクパッドがあれば、スタンプがなくてもできることがあるのです。
そしてその中でも、黒は乱用します。
おそらく皆さまも絶対に絶対に必要になります。

じゃあどの黒がよいの?

初の1個だけ黒を買うとしたら
私からはダイインク Dye Inkを選ぶことをおすすめします。

(これに対してピグメントインクというものがあります。
その差についてはいつか詳しく述べるとして、、
用語がわからない方はとりあえずは読み飛ばしてください。)
おすすめの理由も、細かく言うと長くなるので、
ここでは単純に、
使える範囲が広いと考えていただければと思います。


 クラッシック Stampin' Pad ・アーリーエスプレッソ
え?黒じゃないですよ、、
と思われるかもしれませんが、
個人的にスタンピンアップで出ている
アーカイバルstampin’ Pad・ベーシックブラックが
好きではないためこちらをお薦めしております。
ブラウンですが、黒に近い色です。
もしくは紺系の ナイトオブネイビー でも
まぁいけるかもしれません。

アーカイバルstampin’ Pad・ベーシックブラックが好きという
方もいるので、これはあくまでも好みの問題なのだと思います。
実際試してみたい方はお近くのデモンストレーターへ!
クラッシック Stampin' Pad ・アーリーエスプレッソ

 ツキネコ メメント タキシードブラック
Tsukineko Memento Tuxedo Black

私がアメリカで通っていた教会の 「カードづくりの会」 では
ツキネコ メメント(大きいインクパッド)を使用していました。

そしてアメリカのスタンピンアップでは、
自社の黒インクパッド以外にメメントも売られていました。

私は大きいインクパッドを買いましたが、
まだ最初で様子がわからないのでちっこいやつから試したい
という方にはデュードロップ(Dew Drop)がおすすめ。
デュードロップとは 「しずく」 という意味。
かわいいネーミングですよね。

特徴は、
- ダイインクなので
○ すぐ乾き
○ コーピックマーカー (アルコールベースのマーカー) で色塗りしてもにじまない

サイズが小さいので、
○ スペースもとらず保管しやすく
○ 低価格
○ インクづけをするときに持ちやすくて
○ ちょっと「試してみる」うえで購入しやすいですよね。

欠点としては、
△ 水彩でにじむ ←ここがヨシコの悩み
△ 十分黒いのだけど、これ以上にパキッとした黒が出るインクもある
△ (すぐ乾くので) エンボスパウダーでエンボスできない


 アーカイバルstampin’ Pad・ベーシックブラック
Basic Black Archival Stampin' Pad


アーカイバルStampin’ Pad・ベーシックブラック
私は結構苦手なスタンプパッドですが
日本のスタンピンアップから出ているのはこのブラック。
好きという方もいるので、決して悪い商品ではないと思います。

先に紹介したツキネコ メメントでは、水彩はにじむけど、
このスタンピンアップ アーカイバルベーシックブラックでは、
水彩でもにじみにくいので
水彩で色塗りをする方は特に好きなようです。

特徴は、
○ すぐ乾き
○ 乾いた後であれば、水彩インクで色塗りしてもにじみにくい
○ コーピックマーカー(アルコールベースのマーカー)で色塗りしてもにじまない
○ メメントよりパキっとした黒が出る

△ 小さいサイズがない
△ (すぐ乾くので)エンボスパウダーでエンボスできない
△ フォトポリマーのスタンプに色が付く 
(↑作品には影響しませんが、個人的にはあまり好きではない)


+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + 
ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment