Welcome to my blog

Crafty Cherry

card-making and papercraft

 Tool * ダイ

自分の購入履歴をふまえ、
カードづくりを始める方のためのお買い物案を
シリーズでお送りしています。
最低限のツールで何ができるかご提案しつつ
毎回少しずつツールを加えていきます。

本日は第16回。


ダイ についてご紹介します。

今日の作品。
Crafty Cherry * Soichiro

・5歳の甥っ子用にしてはかなり地味すぎてしまいましたが
子供の日用に作ってみました。
最近アルファベットも読めるっぽいので
アルファベットで甥っ子の名前を。

・実は初シェイカーカードです。

・あ、今までご紹介していなかったベルム紙(やや透き通っている紙)やキラキラ星のシークインも使ってしまいました、、ごめんなさひ。(次の次くらいにご紹介します。)

その後ちょっと修正を加えてこんな感じにしました。
Crafty Cherry * Soichiro2
・シャカシャカ部分に紙の星を入れていたのですが
動きにくかったのでとりはずし、
キラキラ星をまわりにちりばめました。


子供の頃、親戚やお友達から届くお手紙はいつもとっても楽しみでした。
最近の子供たちはどの程度お手紙が届いているのかな、、。
小さいうちからお手紙のワクワクを味わってほしいと思っています。


ツール/
・Stampin' Up Japan (スタンピンアップ・ジャパン)よりFramelits(フレームリッツ)ダイ・スター
・他社:アルファベット

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + 
ダイカット
さてさて、ダイカット・マシーンがあると・・・
① ダイを用いてダイカットを切り出すことができるほか
② エンボスフォルダを使ってドライエンボスをすることができます。


今日は私がダイを選ぶポイントをご紹介します。
(エンボスフォルダについては次回。)

ダイカットってきれいにカットできて
まるで市販のものみたいでとってもお得感がありますが
ダイそのものも結構いいお値段します。

なので私の場合
「はたして本当にこのダイは必要なのか?!」
と自問自答しながら、お買い物かごに入れたり出したりを繰り返し
ある時点で(送料無料とか、何かキャンペーン中に)
エイッと購入します。

購入ポイントは、
・ハンドカットが無理なもの
・沢山応用がきくもの
・ダイカットだけで使えるもの
 (ものによってはスタンプとセットで使わないと意味がないものもあるので。)
・オールシーズン使えるもの
・ダイカットだけでプレゼントしても喜ばれるようなもの

なるべくこんなことを意識して購入しています。

そして私の中でのおススメダイはこちら。
■ スタンピンアップ・ジャパンから出ているFramelits(フレームリッツ)ダイ・スター
初めて買うダイとしてはとっても使えると思っています。

まぁ、ハンドカットはできるといえばできるけど、
大量に作るとなると手間かな~とか。

いろいろなサイズがあるので、
・シェイカーカードを作りやすかったり
・レイヤーにしたり
・窓を開けて写真をのぞかせたり
・カード以外にもガーランドや、オーナメントなど
 3Dのものを作ったりもできます。

星ならば
・誕生日などのお祝い事
・男性用
・七夕
・クリスマス
などなど、シーズンも多様。
パステル調で作ればベビーもの
赤青白を使えばアメリカン。

星以外のもの、バナーとか三角とかも作れたりします、、、。
それはまた後日ご紹介するとして。

そしてセットで購入できるスタンプもあります。
私は持っていませんが、
↓そういう選択肢もあるというのはうれしいですよね。
ビー・ザ・スター・スタンプセット


■ アルファベットや数字のダイ
アルファベットや数字のダイもおススメです。
私が持っているのは
他社のものですが
違うメーカーのものでフォントが気に入ればそれでよいと思います。

人の名前やイニシャル
クリスマスなら 「JOY」 とか 「HOPE」 とか
母の日、父の日ならば 「MOM」 とか 「DAD」 とか
わざわざそれ用のダイを買わなくても
アルファベットがあれば短い単語を作り出すこともできます。



ちなみに自分が買ってみて使いにくいな~と思ったダイは
たとえば 「Enjoy」 のような文字のダイで
j の上の点が紛失しやすいようなものです。
その後、iとかjとか、点が浮いているようなダイは選ばないようにしています。

なので、アルファベットのダイでも小文字だったりすると、点が浮いてしまって扱いにくいかもしれません。

また、ペーパートレイのダイは小さくて細かいものも多く
あまりの細かさに、ちょっとうんざりすることもあり、
また位置を設定しにくいので、
ダイでカットした後にスタンプをしなければならないなど、
やや難ありです。

その点スタンピンアップのダイは使いやすいです。

ご参考にしていただければ幸いです。
次回はエンボスフォルダについて語ります。

- - - - - - - - - - - - - - 

これまでの解説記事にとびます。

1. 白い紙
2. テープ糊、フォームテープ
3. カッター/カッティングナイフ
4. カッティングマット
5. 黒いインク
6. カラーインク
7. パターンペーパー
8. スタンプショップ
9. スタンプの選び方
10. スタンプの種類 & アクリルブロック
11. スタンプのお掃除
12. ペーパートリマー
13. 自作封筒(エンベロープ・パンチ・ボード、スコアリング・ボード)
14. パンチ
15. ダイカット・マシーン

💛チケットぴあ
第40回 2016日本ホビーショー のチケット情報
icon

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + 
ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment