Welcome to my blog

Crafty Cherry

card-making and papercraft

 Cards * SU!デモなのに他社コラボはいいの?

ワークショップに参加してくださった方々へ送った
サンキューカードの続き(本日最終)です。

他社(ペーパートレイインク)の自転車ダイと、
お花はブルーミングラブにコーディネートしたダイなのですが
日本では未発売のものです、、。
アメリカにいた頃に購入しました。ごめんなさひ。
20170205_bicycle_thanks.jpg 

お花とともに自転車が走っていて
サンキューがなびいているイメージ。
上り坂で気分も上向き、、みたいな。

ところでわたくし、スタンピンアップの
デモンストレーターでありながら結構他社の
スタンプとコラボした作品がちらほらございます。

それっていいの?

っと思いながら見ている方もいるかと思いますが
結論から言いますと

いいのです。

わたくし実は規約とかをくまなく読むのが
結構好きでして、
このようにブログにいろいろ公開するうえで
ルールには従わねばな、、というのもあり、
さらには人づてではなく、しっかり紙面に
書かれていないと納得しない頑固者でもあります。
一回読んで頭に入ったと思っていても
しばらくして読むと
すっかり頭から消えていることも多々あり
何度も読み返します。

私自身は外資系の会社にも日系の会社にも
務めたことがあるのですが
日系は社則が曖昧で、
先輩からの指導でいろいろなことが言い伝えられていくので
気づくと変化していた、、ということが多々ありますが
アメリカというのは訴訟大国なので、こういう規約が
結構しっかりと細かく作られています。
スタンピンアップのようにアメリカを基盤とした外資は
そういう意味でも安心して身を置ける感じがしています。

さてさて、ポリシーより引用です↓
自分のクラフトのアイディアをシェアする為に
Stampin’ Up! 以外の製品を一部交えることで、
結果的にはStampin’ Up! の良さが
より引き立つ場合があることを
会社は理解しています。

という、ちょっと回りくどい文言ですが、
読み進めていくとOKという話になっています。
ただ他社製品を使用するにあたっては
ほかにいくつか注意点も記載されているので
デモンストレーターの方々はその辺をよく読んで
理解したうえでコラボ作品を作っていく必要があります。
あくまでも
Stampin’ Up! の良さがより引き立つ
ように(^^;)

スタンプ好きはスタンピンアップのほかにも
他社の製品を沢山持っていたりするわけで
それらとコラボできると作品の幅も広がるのみならず
自分の道具を最大限に活かすことができます。
そういうこともできると
「いいお買い物したわ~」という
満足度がさらにアップする気がしませんか?

あ、そうそう使ったスタンピンアップの製品はこちら。
↓3/31までのセラブレーション
というキャンペーンでゲットできるスタンプ。
クリックするとセラブレーションのpdfにとびます。


このスタンプについては
で詳しく書きましたのでご参照あれ。

なお、
今までに私が作った作品も含め
インスタグラム「#エニーオケージョン」で
いろいろな使い方を見ることができます。
皆さまも作ったら是非このハッシュタグに
参加して作品をシェアしてくださいね~。


※ 毎日ブログ、、続いています、、ドキドキ。
明日の記事もできました。
「思い込みを捨てる」です。
朝7:00にアップします。

------------------------------------
現在サポート&繋がりを募集しています。
その方法(案)は:
 ① このブログを好きなときに眺める
   現在朝7:00にブログ更新中♪
 ② インスタフォロー&イイネ でプチ繋がり
 ③ 直メッセージ でメル友繋がり
 ④ 質問(=つまりはブログネタ提供)で参加型繋がり
   「このスタンプセットのセンチメント解説してほしい」
   「マンネリ化してスタンプセットの
   使い方がワンパターンになるんだけど」
   遠藤なりの考えや案をブログネタに変換してご紹介。
 ⑤ お買い物 で郵送物繋がり
 ⑥ デモ登録にて小さいけどお気楽な
   私のワールド(=チーム)に入り込む
   私がまとめたページにとびます。
    ↓ 
   

①~④は既にデモの方でも大歓迎です。

Crafty Cherryのホームページもお楽しみください。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + 
ポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです! 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment